高齢者向け賃貸集合住宅 シニアハウスむすびの家
  • 高齢者向け賃貸集合住宅 シニアハウスむすびの家
  • 高齢者向け賃貸集合住宅 シニアハウスむすびの家

HOME’S PRESSでむすびの家が紹介されました

2016/05/18

HOME’S PRESS様で「むすびの家」の紹介記事を掲載していただきました。
以下はその一部の引用です。

#####################################################

年を取ると家を借りにくくなるというのがこれまでの一般論だった。実際、日本賃貸住宅管理協会が2015年3月に全国約14万人の大家を対象に実施したアンケートでは高齢者に部屋を貸すことに拒否感があると答えた人が6割にも上ったという。

しかし、高齢者が増える世の中である。その状況を放置したままでは住宅困窮者が増え続けることになる。そこで国は2006年度から高齢者を含む転居困難者が入居できる物件を民間から募って「あんしん賃貸支援事業」を開始。2011年度からは事業を都道府県に移し、行政と不動産事業者による居住支援協議会の設置が進められている。また、全国賃貸住宅経営者協会連合会や見守り大家さんヘルプライン(愛知共同住宅協会)など、高齢者の入居を支援する団体も登場し始めている。状況は変わりつつあるのだ。

そんな中、高齢者向きを謳い、広い共用部を持つ物件、シニアハウス「むすびの家」が登場した。しかも、その物件を仲介するのは自身は26歳とまだ若いにも関わらず、65歳以上の人を対象にする不動産会社、R65不動産である。どちらも今の社会の中では珍しいもの同士。だったら、一度に紹介しようとR65不動産の山本遼氏と一緒にむすびの家を訪ねることに。場所は千葉県山武市。住所だけ聞くと遠い場所のように思うが、東京駅から出ている長距離バスを利用すれば、座って寝ているうちに1時間20分ほどで最寄りのバス停に到着する。そこからは歩いて3分。バスにはトイレも設置されており、料金は大人1,550円(ICカード利用だと1,300円)。毎日通勤するわけでないなら、意外に思えるほど楽にアクセスできる場所である。

#####################################################

続きはこちらのリンクでご確認ください。

R65不動産を運営する26歳と高齢者向き賃貸住宅「むすびの家」を見に行く